アンディ・レイキ(アンドリュ・レイキ)
個展開催日程
 4月14日〜16日 広島市中区
 Love & Harmony in 広島
 5月10日〜14日 沖縄県那覇市
 Love & Harmony in 沖縄
ミニ画集お届けします
アンディ・レイキ画集
作品集マイエンジェル

ファンの広場

アンディの動画

アンディの天使と出会う場所
震災後、東北の方より多くの体験談を頂いて参りました。
この場にて、その一部をご紹介いたします。
パープルツインソウル
パープルツインソウルと言う天使の絵が私のもとに来てくれたのは、2011年の事でした。
初めて出会って家に来てくれた時には、パタパタ揺れて、私 に存在を主張してくれました。それ以来、この天使さんたちはいつもそばで私を見守ってくれいます。
実は私にとってこの5年間はとても苦しいことを乗り越え続けていました。 その度に、何度も、この天使さんたちに語りかけ、問いかけ、祈りました。 恐がりな私を、どれだけ優しくサポートしてくれたことでしょう。
そして、現在、ふと気付けば、5年前には考えもしなかった日常になりました。 とても穏やかな気持ちで、ありふれた日常を愛おしく感じながら大切に過ごしています。
この緩やかな変化のそばで、いつもこの天使さんたちが寄り添ってくれていました。 まだまだこれからも、もっともっと私をサポートしてくれるので、今ではとっても安心して居られます。
ありがとう天使さん。

N. M.さん 宮城県仙台市在住


パープルツインソウルメイト
一歩踏み出す勇気を
東日本震災以降、私自身生活に大きな変化がありました。
2012年、被災して行き場のない犬達をセラピードッグにする活動を知り、チャリティーコンサートをやってみようと思いました。
曲がりなりにも続けてきた音楽で大好きな犬達のお役に立てるのであれば、と思ったからでした。とはいえ、一歩踏み出す勇気、後押しが欲しかったのです。
アンディ・レイキの天使の絵「チャミエルとチャリティ」には、そんな時に出会いました。
あれから4年、たくさんの応援をいただき、チャリティーコンサートを継続してきました。
今年は色々と考え迷うこともあり、コンサートを中止しようと思っていました。けれど、改めてチャミエルとチャリティの絵を見たら、これまでの様々の思い出と共に 新たな想いが溢れてきています。
原点に還って、ささやかなクリスマスチャリティーコンサートをやってみようと決心を致しました。きっとこれは、天使の絵に導かれているのですね。
慈愛に満ちたアンディ・レイキの天使「チャミエルとチャリティ」の絵が大好きです。
改めて感謝です。
N. M.さん 宮城県仙台市在住
レイボーエンジェルとアリエル
アンディさんの絵画展へは何度か通っております。
その時に気になる天使は、その時の自分の心の状態に深く強く影響しているのだと、何度かの絵画展を重ねて訪れることで気がつきました。
大天使ラミエルと出会った頃の私は、自分自身や周囲とのバランスをうまく取ろうと必死でした。ラミエルを見ていると、自分の心の中の迷いや不安も不思議と穏やかになっていく作品の整った安定感と白い光の中を真っ直ぐ迷いなく昇っていくイメージに強く惹かれました。
レインボーエンジェルと出会った時、私は自分と向き合う事を試されました。
「完全と不完全とは?」「思い込み」についてなど、気持ちと感情を深く掘り下げて考えていくと、レインボーエンジェルを通して、どんな姿でもそのままでいいのだというメッセージと、今までしていたジャッジが必要ではない、ということに気づきました。
私は私にGOサインを出すことができ、レインボーエンジェルを我が家に迎えることができました。
大天使アリエルとの出会いは、今までの天使との出会いとは全く違っていました。ギャラリーで作品を見ているとアリエルの方からアピールしてくれたのです。アリエルだけが、特別キラキラと見えはじめたのです。何度か絵画展へ通っていてはじめてのことでした。
アリエルの透明な姿に、その姿のままで周りのどんな色も受け入れられるような大きな愛を感じました。それは今まで自分自身で作ってきた枠や常識の中でもがいたり悩んだりしていた私にとって、これから自分が進む道が開けたような目の覚めるメッセージでした。
私はその時々でそれぞれの天使に惹かれ、自分へのメッセージを受け取っていたのだと気がつきました。
アンディさんの天使を通して私は自分自身の変化を実感しています。今回このコメントを書くにあたり、改めて天使との出会いと想いを振り返ることができました。 感謝いたします。
O.さん 宮城県仙台市在住
個展会場に行くと、いつも汗だく?!
私にはよく他の方達が載せていらっしゃるような、目の前に天使が現れて…☆というようなミラクルな体験は残念ながらありません…。
ただ、とにかくアンディさんの天使の絵は存在しているだけで、護られているから大丈夫!という安心感があります。
自分の感度が鈍いだけで、知らないうちにいろいろなところで守って頂いているのだと思っています。
特に家族やペットの手術や体調不良の時には、ひたすら ラファエルの絵画にお祈りをして、随分助けて頂きました。
現在、ジョフィエルの出番がちょっと少ない感じがしますが?きっとこれから活躍してくれるに違いありません(笑)。
アンディ・レイキさんの天使の絵画は見る度に自分のところに来て欲しくなる魅力と輝きがあり、個展会場に行くといつも体が暑くなるというか汗だく?になるのはエネルギーに満ち溢れているからでしょうか?
これから開催される個展も楽しみにしております。

A.S.さん 宮城県仙台市在住
アンディ・レイキ MAIL MAGAZINE   
※ 読者限定のお得なお知らせもあります!
   
© 2014 アンディ・レイキ All rights Reserved.
本Webサイトの文章・画像の無断での流用・複製は堅くお断りいたします。
サンパシフィック
アンディ・レイキ総輸入元